出水才看两腿泥

实名举报核酸不准被打残?华大基因:恶意诋毁

他的主要事迹:空白。

母子乱伦:和儿子做了,我该怎么办?

不是病毒变弱了,是经济吃不消了

生成图片,分享到微信朋友圈

自由微信安卓APP发布,立即下载! | 提交文章网址
查看原文

#大連N95だけじゃない!“マスク”をめぐるネット炎上事件

耕雲 邦人NAVI 2022-09-07

N95不着用の市民が連行

このところ“マスク”をめぐって騒動が相次いでいる。中国のメディア報道によると、大連市で8月29日、路線バスに乗車していた高齢の男性が気密性の高い「N95」マスクを着用していなかったことを事由に、現場まで駆けつけた警察に連行されるという事件が発生した。


警察に連行される前、男性はバスの最前列に座り、通常の医療用マスクを着用していた。男性が警察に連行されたのは、大連市が公共交通を利用する市民に「N95」の着用を義務づける公告を出していたためだ。ネットでは、医療用マスクの着用では不十分なのかといった驚きの声が挙がっていた。



マスク着用で国際試合

ちなみに「N95」の「N」が意味するのは米国政府機関「NIOSH 」が制定した呼吸器防護具に関する規格基準だ。一方、「N95」と同等の性能を備えているのが「KN95」で、こちらは中国製。中国の国家基準(GBコード)に基づいていることを表す。


N95、KN95いずれもウイルスからの防御には有効に働くというのが定評だ。しかし、デメリットもある。呼吸がしづらく、高齢者や子ども、心肺機能に疾患がある人が着用する際には健康リスクが伴うといわれている。実際、中国では体育の授業でN95マスクを着用したまま長距離を走らされた児童が突然死するという事故も発生したという。



そんなKN95マスクを女子バレーの中国代表チームが着用したまま国際試合に臨むという出来事があった。8月25日に行われたアジアカップのイラン戦で、中国代表チームは第1セットだけではあったが、全員がマスクを着用してプレーした。これが危険極まりない行為だとしてネットで騒動となったのは当然の帰結かも知れない。批判を受けた同国バレーボール協会は即座に謝罪を行っている。



ミスコン代表めぐりネット援助

“世界女王”の座に挑む中国代表といえば、もうひとつミスコンの話題についても取り上げておこう。中国メディアは8月24日、今秋に開催が予定される第71回ミス・ワールド決勝大会に出場する中国代表に秦沢文さんが選出されたと報じた。


秦さんは1997年生まれ。“交通大学”を卒業し、フィンテックを学んで修士号を取得。その後、著名グローバル企業での実習を経て、安信証券ではアナリストとして活躍……。まさに才色兼備の地を行く華々しい経歴だ。しかし、ここからネットではあら探しが始まる。秦さんの経歴に詐称があるのではないかとの疑念の声が高まるまであっという間だった。



不透明な選考や経歴詐称

“マスク”には“仮面”という意味がある。ネットユーザーは彼女の華やかな経歴がじつは信憑性を欠いており、仮面に過ぎないと見なした。たとえば、彼女が卒業した大学は江西省の華東交通大学だったが、当初のプロフィール紹介や彼女のSNSでは、あたかも上海交通大学と見せかけるカモフラージュらしき細工が見られたという。


一方、安信証券で働いていた期間、彼女の職位はアナリストと喧伝されていたが、じつは顧客連絡や資料整理などに従事するアシスタントだったことが判明した。ただ、学歴や職歴を詐称した事実はないと秦さんは弁護士を通して声明を発表している。果たして、今後事態がどのように展開し、収束を見るのかは予断が許されない。


そもそもミスワールド中国大会で総合優勝の栄冠を勝ち取った阮夕さんが失格となった後、入賞者18人にも入っていなかった秦さんが代表に選出されたことに得心がいかないネットユーザーは少なくなかったようだ。



   

マスク氏、原発容認!?

“マスク”と聞いて誰もが想起するのは、テスラCEOであるイーロン・マスク氏だろう。この人の一挙一動はいまや世界を揺るがすインパクトを持つ。少子・高齢社会にある日本を評して「いずれ消滅する」と言ってのけたことはもとより、さる8月29日にはノルウェーで開かれた会議で「石油も原発も必要」とコメントし、物議を醸すことになった。


というのもマスク氏は新エネルギーに固執してきた人物として知られる。それが、年ごとに態度を軟化させ、“宗旨変え”とまではいかないまでも、今回もさらにトーンダウン。化石燃料や原子力による発電への肯定的なスタンスを示す運びとなった。「文明的なエネルギーとは長期的には太陽エネルギーによるもの」という立場は崩してはいないようだが、「太陽エネルギーを完全に電池に蓄えられるようになる前は原子力が極めて必要」というところに本意がありそうだ。


自発的であれ、強制的であれ、あるいはさまざまな利害が絡もうが、“マスク”に翻弄される日々が続いている。“マスク”の呪縛から解き放たれ、“素顔”で暮らせる日々は果たして訪れてくれるのだろうか。(耕雲)


世界で使用・廃棄されるマスクの数は、1か月あたり約1290億枚に及ぶという。


<バレー>女子中国代表、全員マスクして試合=「狂ってる」「死ぬぞ」と批判殺到
Record China    2022年8月26日(金) 11時
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo?id=900168

后续|世界小姐秦泽文翻车被曝学历造假!
学术这些事儿 2022-08-28 00:00
https://mp.weixin.qq.com/s/QztVs2beKJ-Tm1qnlVmaXg

这些用完后被当作生活垃圾丢弃的口罩,最后都去了哪里?
新浪新聞 2022-8-26
https://weibo.com/2028810631/M2IyU91h8


文章有问题?点此查看未经处理的缓存