实名举报核酸不准被打残?华大基因:恶意诋毁

上海赋红码乱象何时休

深度解读 | 姜文《让子弹飞》

“境外势力”八问

我突然被54万人看了裸照。

生成图片,分享到微信朋友圈

自由微信安卓APP发布,立即下载! | 提交文章网址
查看原文

上海市が“アライバルPCR検査”開始、11月15日まで

邦人NAVI 邦人NAVI 2022-09-21

市はこのほど、外地から上海に到着(帰着)した人が空港や駅などの到着(帰着)地でPCR検査が受けられる“アライバルPRC検査”(落地检)のサービスを開始した。実施期間は11月15日までを予定。以下、発表内容を紹介する。

▶ゲートウェイに検査設備

”アライバルPCR検査”(落地検)では、「自主的、無料、検体採取後のスムーズな退去、移動制限なし」が原則で、空港、鉄道駅、省間高速道路サービスエリア、料金所といった市の“ゲートウェイ”に検体採取所が新設されている。


上海に到着(帰着)した人がPCR検査を速やかに受けられる体制を整える一方、各“ゲートウェイ”には場所コードまたはデジタル哨兵を設置した。上海到着(帰着)者でPCR検査を必要とする人を最大限フォローしていくのが狙いだ。

▶バブル管理を受けるケース

以下に該当する人に対しては、現地の防疫部門により、外部との接触を断ったバブル管理(クローズドループ)の措置がとられる。

1)空港、鉄道駅、高速道路の検問所で健康コードが「赤」であることが判明した人
2)高・中リスク地域や静態管理の措置を受けた地域、重点的に警戒対象となった一部区域(※)に停留した行動歴がある人。

(※)高・中リスク地域がある県(市、区、旗、街鎮)および静態管理措置を実施している区域が所在する県(市、区、旗、街鎮等)

▶PCR検査を義務づけるケース

以下に該当する人は現場の検査スタッフが申請登録を行った後、PCR検査設備が現場にある場合、スタッフの誘導のもとで検査所に足を運び検体採取を行う。PCR検査設備が現場にない場合は、最寄りの検査所に足を運び検体採取を行う。

1)空港、鉄道駅、公道のインター等で健康コードが「黄」色になったり、注釈が表示されたりした人。
2)重点警戒エリアにおいて、7日以内に前述したバブル管理の措置がとられることになった区域以外の場所に出向いた行動歴があることを自主申告した人。
3)飛行機、列車、長距離旅客バスなど省を跨いだ交通機関を利用した行動歴があり、PCR検査の報告が48時間を超えた人。

▶できれば24時間内に受検を

その他の人は、上海到着後24時間以内にPCR検査を1回受けるのが望ましい。(※)

もし上海に到着(帰着)後48時間以内にPCR検査を1度も完了していない場合、「随申码(Suishenma)」にはアラートが表示され、コードが一時的に表示されなくなる。PCR検査の実施記録が検測された後、速やかにコード停止措置は解除される。


(※編集部注)
上海市の発表によると、昨今では、同市で確認された新型コロナウイルス肺炎の陽性者の多くは外地からの到着(帰着)者であることが判明している。そのため、同市ではこれまでにも上海到着(帰着)後24時間以内にPCR検査を受検するように提唱してきた経緯がある。


*


これらの防疫措置は2022年11月15日まで実施される。72時間を超えてPCR検査の報告がない場合、公共の場所への出入りや公共交通機関の利用ができなくなる。

また、PCR検査の受検を拒み、疫病の感染伝播リスクを招き、引いては感染者を出すに至った場合は、「中華人民共和国伝染病予防管理法」等の関連規定にもとづき、法的責任が追及される。



上海进一步强化来沪返沪人员管理,推广实施“落地检”
上海发布 2022-09-19 20:08
https://mp.weixin.qq.com/s/U5kAaKocRN8-wF3IyakICw

文章有问题?点此查看未经处理的缓存